OSK日本歌劇団OG公演   

  THE BRILLIANT STARS    
              企画 SETSUKO 演出・振り付け 大谷盛雄  
           
      大丸心斎橋劇場 2015年2月20日〜22日 全5回

1部 日舞「花待人」


♪獅子(安希さん 波輝さん)
♪花待人(全員)
♪ソーランロック(全男役)
☆照明の落ちた会場に響く太鼓の音、やがて上手明かりの中に
 白頭の獅子(波輝さん)、そして赤頭の獅子(安希さん)が登場。
 勇壮な舞、力強い毛振りに拍手が沸く中OSKOG公演が始まりました。



☆暗転からいっせいに照明が入り、舞台には桜の花びら模様の着物に
 桜の小枝を手にしたメンバーが勢ぞろい。
 沙月さんの歌に♪ハイハイと入る合いの手が晴れやかで春の到来を
 思わせます。顔が自然にほころびニコニコしてしまう、
 しあわせ感満載の総踊りでした。


☆片袖を抜いた男たちが残り♪ソーランロック。先ほどの膝を合わせ、すり足の日舞と
 は正反対、膝を大きく開き、足で大地を力強く踏む直線的な男舞に圧倒されました。
 裾を割ってパワー全開で激しく踊っても着付けが全く乱れない洋さんに思わず
 凄い!と感心しました。


♪風の盆恋歌(有希さん 沙月さん 月川さん ゆめのさん 雪乃さん) 
♪殺陣A 黒田節(洋さん ・奈ツ城さん・涼風さん・友麻さん・安希さん・波輝さん)
♪殺陣B  ABとも殺陣 功刀明さん  
☆未練の残る女の内掛けをまとい
 ♪風の盆恋歌を歌う男(有希さん)とお引きずりの着物の女(沙月さん)の舞は
 しっとりと艶やかな大人の恋。OGならではの場面でした。


☆萌黄色の着物に淡い色の袴、長い槍と朱色の杯を持ち居住まいを正して一礼。
 黒田節を歌いながら舞い、後方に迫る刺客を翻弄し、槍を回しての大立ち回り。
☆途中から刀二本に持ち替え、舞台狭しと殺陣場面へ、静から動への展開が鮮やかで
 実にカッコよくかつ美しく決まっていました。
 萌黄色の袴姿、素敵にお似合いでした。一分の隙無く着るというのは歌劇の当たり前
 でしょうが、それ以上にしっとりと着こなされ見惚れました。
 登場して舞台中央へ進むところから、黒田節はもちろん殺陣の激しい動きと、どの瞬間
 を切り取っても美しく、絵になります。
 張り詰めた空気を創りつつも気負いなく、自然体で、ずっと心に残る黒田節でした。



♪安来節 振り付け 奈良田百合さん
♪民謡メドレー
♪深川マンボ (洋さん 沙月さん)
☆舞台は一転、沙月さんの歌におかめとひょっとこの面をかぶった男女のユーモラスな
 場面に変わり、民謡メドレーに繋がります。
 会場の手拍子も賑やかにホッとする場面でもありました。

☆ リズムにのって軽快に洋さんと沙月さんの深川マンボ。
 息が合った抜群のキレに、粋なお二人の風情に見入りました。



♪さくらさくら 振り付け 奈良田百合さん(奈ツ城さん・涼風さん・高帆さん・
 月川さん・ゆめのさん・雪乃さん) 
♪ボレロ (全員)
☆文を読む女、日傘をさす女、扇子を持つ女、3組の男女の夫々の恋模様を踊るのですが  着物の上に羽織ったオーガンジーのように淡い乙女の夢(恋)を思わせました。

☆圧倒的なボレロの音楽に、水色の着物に黒の衿が印象的な衣装で踊ります。
 特徴的な振りがくり返され、真剣な表情のOGたちにこの舞台に懸ける思いを感じる
 場面でした。


2部洋舞 「It’s Show Time」


♪TANGO (全男役)
♪Sing Sing Sing (洋さん、沙月さん・奈ツ城さん・涼風さん・安希さん、波輝さん)
♪男と女 (有希さん・高帆さん・友麻さん・月川さん・ゆめのさん・雪乃さん)
☆ 黒のスーツにプレーンな白シャツの洋さんがスポットの中に、洋さんのステップに  呼応する波輝さん。
 ピアソラの♪ブエノスアイレスの冬 にのって踊る男たちだけのTANGO。
 とにかくカッコいい!
 舞台前方に進み出てナルシスティックにポーズをとり、真っすぐ視線を決めてくる
 男たち、これこそ歌劇の醍醐味!

☆サスペンダーに白シャツそれに帽子の男たちとキラキラ輝くスリットドレスの女、
 4人のカッコいい男たちの中に一人男前のイイ女がという並びが最高です。
 仲間たちが集まって
 ♪Sing Sing Singのリズムにのって歌って踊ってワイワイさわいで・・・
 おしゃれな映画のワンシーンのようでした。

☆ティアードスカートがカワイイ女の子とラフな衣装の男役のダンス。
 日舞の♪さくらさくらの乙女とは違いちょっとセクシーな3組のダンスでした。


♪Happy(全員)振り付け 中村ゆみさん
♪ロック(全員)振り付け 中村ゆみさん
♪トークコーナー  (洋さん、有希さん、友麻さん、波輝さん)
☆ この2曲はOSKOGの中村ゆみさん振り付けの場面でした。一人また一人とラップの
 ワンフレーズを歌いながらメンバー登場、
 ♪Happy?という問いかけに手拍子で呼応する客席、
 会場一体となって盛り上がりました。
☆ 盛り上がったまま♪ロックに突入。洋さんは赤のジャケットにブーツ、
 他のメンバーも夫々ラフな衣装でロックのビートにのって弾けるように、
 ダンス、ダンス、ダンス!・・・
☆トークに突入という言葉がふさわしいほど、息を整える間もなくこのコーナーへ。
 テーマが1公演ごと変わりテンポのよいQ&Aは上級生が下級生をイジル感も
 あり?爆笑場面も、もっと聞きたいトークコーナーでした。


♪エストレリータ 振り付け 伊賀裕子さん(沙月さん 月川さん ゆめのさん 雪乃さん)
♪スパニッシュ(グラナダ)(洋さん・有希さん・高帆さん・友麻さん・安希さん・
              月川さん ゆめのさん 雪乃さん)
♪デュエット(洋さん、千爽さん)
☆ スミレ色のスリットドレスにファーのストールを肩に、
 沙月さんの歌♪エストレリータ。
 女性3人が優雅な羽の扇を揺らし星空を背に舞う夢のような舞台。
 唯一伊賀裕子さん振り付けの場面でした。

☆ 赤に黒のスパニッシュ衣装のダンサー、洋さんは白の上下に空色のフリルブラウス。
 トップお披露目公演「エル・アモール・グランデ」で階段を降りながら高らかに
 歌った歌♪グラナダは公演とともに忘れられない1曲です。
 今回再び♪グラナダに出会え、歌とダンスに思いがめぐってきました。

☆洋さんを相手に解き放たれたかのように、フラメンコの掛け声もかっこよく踊る
 空色のロングドレスの千爽さん。
 なんとも楽しげに嬉しげに目を合わせ踊る二人にOSK時代のデュエットダンスが
 思い出されます。


♪ミュージカルメドレー
♪DYING OF THE LIGHT (洋さん)
☆ ♪エニシング・ゴーズ ♪ハロードーリー等ミュージカルの名曲が歌われました。

☆ 音楽というより破壊音や叫びのような電気的な音、ゲーム音楽でしょうか。
 その中に登場しダンスのステップを踏む黒エンビの洋さん。
 チラシコピーの「革新」の言葉が浮かびます。どのタイミングで?どうカウントして?
 心象風景?興味が尽きない場面でした。


♪フィナーレ(Stop Me)
 いよいよフィナーレ 総スパンの黒く輝く上着の洋さん、♪Don’t stop me〜とどこまでも
 明るく、空高く舞いあがる歌は洋さんによく似合います。
 公演をやりきった喜びと更に上を目指す思いが伝わってくるような心地よい歌でした。

この公演の始まりはOSKを愛してやまないSETSUKOさんの企画によるもの。
近劇の公演を楽しみにしていたそうです。
「楽しいショーを作りたい」というSETSUKOさんの夢は私たちに素晴らしい贈り物をくださいました。 “日舞と洋舞の本格的な公演”はOGたちの現役時代を彷彿とさせ、私の夢さえ実現させてくれました。
また演出・振り付けの大谷盛雄さんの世界、まさに”大谷ワールド“を堪能させていただき幸せ感いっぱいです。
公演前にはお稽古の情報が垣間見られ期待が膨らむ毎日でした。そして今回更にレベルアップした舞台を見せていただき感激です。 これからもOGならではの、大人の魅力を持った舞台を期待しております。