七つの顔をもつ龍馬

                       作・演出 北林佐和子  
  
      大丸心斎橋劇場   2011年 3月 11日 (金)〜 13日 (日)  全5回公演

“誰もが愛し 誰もが憎んだ 私の龍馬”  フライヤーのこの言葉は作品そのもの、
しかも龍馬暗殺の真相を暗示するものでもありました。 稚気に富んだ明るさ情熱に加え、哀しみさえも背負った龍馬は、まさに洋さんの当たり役でした。

薄暗い舞台に仮面をつけた人々の龍馬を呪うような歌、そんな不気味な人々の間から登場した龍馬は屈託のない笑顔に真っ赤な紋付袴。  この真っ赤な衣装は衝撃でした。
瞬間、日が射してきたように舞台が華やぎ、龍馬の明るい人柄を感じましたが、同時に悲惨な最後をも連想させドキリとしました。
「遅いのう・・・お龍」 と待ちながら歌うテーマ曲 (リピート山中さん) の歌詞が温かく切なく、なんとも優しい。
一転、刺客が現れいくつもの白刃が龍馬の首にかかる。  絶対絶命のその瞬間、龍馬は彼方に何かを見た・・・。  容赦のない幕末の世の厳しさをひりひりと感じる暗示的なプロローグでした。

物語は龍馬の七回忌の案内状を手に集う、新政府と袂を分かつ西郷さん(大橋壮太さん)、 病床の身である木戸さん(南条好輝さん)、 寺田屋のお登勢さん(未央一さん)、 龍馬フリークの記者坂崎さん(小久保びんさん)、 遅れて龍馬の姉乙女さん(万田あけ美さん) も加わり回想しながら龍馬暗殺の容疑者に迫っていくものでした。
容疑者は、盟友とはいえ新政府の人事で大きく、対立する中岡慎太郎(友麻亜里さん)、 龍馬に武器商人の本質を見抜かれたグラバー(波輝一夢さん)、 龍馬を斬ることに固執する幕末見回り組の今井信郎(桜真之輔さん)、 土佐藩の上士後藤象二郎(中村信行さん)、 お龍を愛してしまった三吉慎蔵(有希晃さん)、 そして薩摩藩、長州藩、お龍(青山雪菜さん) さえも・・・

今井信郎と龍馬が白刃交える “寺田屋” は、今までの歌劇の舞台にはない迫真的な殺陣、思わず見入ってしまいました。
今井信郎は先の見えない幕末の世の暗いカゲそのもの、尊王も攘夷もなく非情なまでの存在、ヒナタで輝くものをことごとく憎み、排除する。 龍馬をどこまでも追い詰め深手を負わす場面は、臨場感があり怖いほどでした。

清風亭の場面は緩急自在な展開、緊張と緩和 (笑) 実に痛快でした。
土佐藩の命運をかけた後藤象二郎の策略を尻目に、丸山一の芸妓お元(陽月れなさん)といちゃつく龍馬、なにやら妙に楽しげな2人に笑えます。 龍馬と後藤の緊迫した応酬にいちいち反応していきり立つ後藤の部下たち、反して龍馬の秘書役 陸奥陽之助(大澤真也さん)は役目一筋の能天気ぶり。
扇子をマイクに ♪ おいらは龍馬〜♪と始まる 「嵐を呼ぶ男」の替え歌で迫る後藤への説得はなんともカッコよく、ようやく合意に達した清風亭はなんと賑やかカラオケルームに様変わり。
意気投合し仲良く合唱して盛り上がっている所へ乱入してきたのは、嫉妬に狂ったお龍!?
一同緊張し固まったところ、爆笑ずっこける “おち” がついておりました。

「日本を今一度洗濯いたし申し候」と大口をたたきながら、女房の心のシミ一つとることができなかったと述懐す龍馬の言葉に泣かされました。
寺田屋事件の恐怖と後の龍馬との至福の時間は、トラウマとなって思いを募らせ、お龍の心を病んでいく。  龍馬に斬りかかるお龍を抱きとめ、歌われデュエットはひたすら哀しく美しく 「闇の貴公子」の名場面 “鬼の道行” を思い出します。
龍馬に執着するお龍を哀れに思う三吉の企てははずれ、潜んでいた近江屋で確信犯今井信郎に踏み込まれ暗殺される龍馬、遅れて行ったお龍の嘆きは大きく、プロローグの「遅いのう・・・お龍」に重なり妙に納得しました。

“多くの人に愛され大仕事を成し遂げることができたが、同時に沢山の人に憎まれた”としみじみ語る独白に様々な “顔” を持った龍馬が一つになり真実が見えてきました。
洋さんの龍馬は自然体で確かな存在感を持って心に降りてきました。


レビューがありました!
日舞 ♪ “龍馬伝” のテーマ曲 洋さん以外の男役が桜の枝を手に若衆姿で舞台袖と客席から登場。 ドラマティックな音楽と秘めた思いを感じる振りは心地よく、いつまでも見ていたい思いでした。
♪ 敏捷な小動物の化身を思わせる、着物姿の女役の桜さん、黒の着物に長い上衣を羽織った男役の洋さん、ロック風の音楽に戯れるように、競うように、支配するように、高速の振りがビシッ、ビシッと決まり、それを楽しんでいるような二人にもうクギづけでした。 再びの競演観たいものです。

洋舞 ♪ 男役たちとの魅力的な女青山さんをめぐる恋の駆け引きを思わす歌劇らしいダンス。
♪ 出色はOSKOGのタンゴ、黒の衣装、洋さんの切れのよい振り、かもし出されるオーラはカッコイイの一言。  ずらっと並んだOSKOGの競い合うようなタンゴは見ごたえあり、“これぞOSK男役” の場面でした。
♪ 淡いパープルの衣装で未央さんの歌から白いドレスの青山さん、同じく白の衣装の洋さんの♪デュエットダンス。 ようやく幸せな出会いをしたお二人にホッとしました。

男優と歌劇男役の共演は夫々活躍されている得意分野が生かされ、説得力のある面白い舞台が実現されました。 今後も歌劇の面白さを持った舞台を期待します。