mon nouveau defi 新たなる挑戦
                     
                  2010年 11月 29日 (月) リッツカールトンホテル大阪
                        ザ・グランド・ボールルーム  18:30 開演

Piano/吉田幸生(Band Master) Vaiolin/シーナきのはら  Drums&Percussion/西野欣哉
Bass/子笹了水 Synthesizer Accordion/土井 淳
リッツカールトンホテル大阪は、数多くの絵画やアンティーク、装飾、思いの他こぢんまりとした佇まいが、クラッシックな貴族の邸宅のようでした。 洋さんの “defi 新たなる挑戦” 公演フライヤーの帽子の奥から “見つめている先”を確かめようと今宵 “ザ・グランド・ボールルーム”には大勢のお客様が集いました。

♪ She (洋さん)
♪ ナイト&デー (洋さん、涼風うららさん、伊織はやとさん)
♪ モンスター (洋さん)

洋さんの“挑戦”を感じさせるとても印象的なオープニングでした。
ほの暗いスモークの漂う舞台、黒いドレスの後姿にスポットライトが当たり、白い背中が浮かびあがります。 ゆっくり振り返った洋さんの歌は、映画「ノッティングヒルの恋人」の主題歌 ♪She 。
黒いロングドレスに一段と輝くネックレス、イヤリング、ファーの付いたストール、指先のない黒いロング手袋。 大人の雰囲気でスローなバラードをすてきなアレンジで “〜♪さあ時が満ちた今 静かに歩こう・・・”と。
心地よいビートを刻むドラムの音に、イントロの韻をふむ粋な歌声、溢れる愛を歌うラブソングに男役二人が寄り添い、今から始まるステキな夜への思いが次第に高まっていくようです。

ウエルカムトークと今回のテーマ “defi (挑戦)” の説明を間に挟んで
男役2人(涼風さん伊織さん)と、舞台上で衣装替え。 シックなドレスからシルバーと黒のフリンジの付いたメタリックなビスチェ、ホットパンツ、ニーハイブーツ、今までにない洋さんの凄い変身ぶりに会場がドッと沸き、“レディ・ガガ”の♪モンスター。

♪ コンガ (涼風さん、桜花昇ぼるさん、沙月梨乃さん、牧名ことりさん、伊織さん)
♪ キサス・キサス・キサス (洋さん、沙月さん、牧名さん)
♪ エル・クンバンチェロ (全員)
シルバーの長ジャケット、黒いパンツにブーツ、黒ミニドレス衣装の5名がアップテンポの熱いラテン曲をノリノリでスピード感のあるOSKらしいダンスを観せてくれました。
洋さんの歌で ♪キサス・キサス・キサス 途中から娘役2人と楽しげに踊ります。
♪エル・クンバンチェ は洋さんの歌い出しに、桜花さんそして全員が加わり客席降り。
その陽気さ迫力に会場は熱く包まれました。

洋さんが残り、今里哲さんを紹介し、トークの後
♪ ラヴレボルーション
♪ ケネディ・ローズ

軽妙な今里哲さんのトークと歌声は、時に激しく、哀しく、又立ち止まった心に優しく寄り添い、琴戦に触れる奥の深い歌を聴かせていただきました。

♪ スマイル (洋さん)
♪ Anything You can do (洋さん、桜花さん)
♪ キャラバン (全員)
♪伝説のチャンピオン (桜花さん)
客席から登場した洋さんの衣装は黒のパンツにシルバーのタートル、刺繍飾りの付いた赤の上衣。
♪スマイル を歌う洋さんの中音部の声の甘さ、温かさ、伸びやかさはまさに歌劇の男役!
また客席とのさりげない交流は、洋さんならではの心遣いを感じます。
上衣は黒に刺繍飾りと色違いでお揃いの衣装、OSK現トップの桜花さんを紹介。
OSK時代の思い出話、そして共演した「Asukaの嵐」から “河勝!”  “皇子さま” と2人のセリフの再現は当時そのままの語感。
又、3拍子揃ったと言われながらも4拍子目、お笑いのセンスがほしいと言う桜花さんに、まずはモノマネが大切と♪Anything You can do のアレンジで、洋さんが、“汀さん”“美輪さん”そして桜花さんが“ドラえもん”“三枝さん” はたまた、大谷先生までモノマネ、ダンスの振り真似までOSKトップ同士の微笑ましく、また軽快で楽しい場面でした。

ヴァイオリンの印象的なメロディから始まった♪キャラバン 
全員同じ黒のパンツ姿で次々にフォーメーションを変えて、ダンスバトルのような激しい振りそしてスピード感、とても見ごたえありました。
激しいダンスの後、しばし息を整えて、“洋さんをイメージして”桜花さんのソロ  ♪伝説のチャンピオン 客席降りもあり、さすが包容力のある歌声でした。

♪ オペラ座の怪人  (洋さん、沙月さん)
♪ シンク・オブ・ミー  (洋さん、沙月さん)
♪ Me&My Girl  (洋さん、牧名さん)
♪ オーバー・ザ・レインボウ  (沙月さん)
♪ 最後のダンス  (洋さん)
♪ ワン  (全員)
オペラ座の怪人から2曲、白いドレスの沙月さんと黒燕尾にマント、仮面を付けたファントムとのドラマティックな場面を。 2曲目はクリスティーヌの恋人ラウル役で甘いデュエット
舞台上でグリーンと黒のストライプの上衣に着替えた洋さんは、一瞬で陽気で気さくなビルに変身。
ピンクのドレスのサリー、牧名さんはなんとも可愛らしく輝いていました。
牡丹色のドレスの沙月さん、ソロで♪オズの魔法使いから 1曲を歌い上げ、さすが元OSK歌姫です。
鈍く光るロングコートの洋さん、先ほどとは違い低い声で黄泉の国トートの歌を。
次第に感情をあらわに激高すろ凄みのある帝王でした。
全員同じ白のカッター、黒のパンツ、帽子を持って♪コーラスラインより ♪ワン。
全員の声を揃えての歌、ダンス、誇らしいような笑顔、客席にその浮き立つ感動が伝わってきました。

バンド演奏

♪ ジェラシー (洋さん、エンリケ・モラレスさん)
♪ エンリケ・モラレスさんのソロダンス
♪ リベルタンゴ (全員)
♪ タンゲーラ (洋さん、エンリケ・モラレスさん)
今回の最大の“defi (挑戦)”は女性役で本格的なタンゴを踊るこの場面でした。
ヴァイオリンの哀愁漂うメロディの中、スカートが幅広のフリンジになった赤の衣装、銀色の細いヒールの洋さんは、モラレスさんにリードされてタンゴに挑まれました。
やがて音楽は甘美で優雅な流れに、寄り添い、見つめあい、最後はリフトと、女性の洋さんは想像以上にステキでした。
2曲目はエンリケ・モラレスさんが帽子を手にソロダンス。
3曲目、全員黒のシャツにスーツ、帽子の♪りべるタンゴ。 緊張感溢れる音楽にタンゴのカッコよさ、男同士の妖しさ、キレのよい振り、その緊張感、まさに“ダンスのOSK”でした。
♪タンゲーラ は、同じブラックスーツのエンリケ・モラレスさんと踊り始め、男同士のタンゴと思いきや、モラレスさんは洋さんの上衣、シャツを取って投げ捨て、ラメのビスチェに。
優雅な♪ジェラシーとは違う男と女の挑戦的で激しい愛を感じさせる、とても衝撃的でセクシーなタンゴでした。 タンゴの振り付けのカロリーナ先生は洋さんにタンゴが上手くなるには
「女になるのよ」と言われたそうですが、これからも“情熱的でカッコいい男前の女性”に挑戦し続けていただきたい!と思いました。

今里哲さんがピンクリボンの話、黒の衣装に着替えた洋さんからNPO団体の方に目録贈呈

♪ 見果てぬ夢 (洋さん)
♪ シング・シング・シング
いよいよ最後  ♪ゆめ・・・ 語るように歌い出した洋さん。
心期した思いが次第に強くなってあふれ出す・・・この公演に至る洋さんの心が伝わってくるようでした。

OSK関係メンバー、バンドメンバー、タンゴのカロリーナ先生、振り付けの大谷先生の紹介もあり全員の♪シング・シング・シング で陽気に盛り上がりました。

♪ Let Me Try Again
鳴り止まない拍手に、まっ白なスーツにゴールドのストールの洋さんのアンコール曲はフランク・シナトラの名曲 ♪Let Me Try Again。  愛元さんによる歌詞と洋さんのしっとりした歌声はこれからの“挑戦”さえ感じさせます。

目の離せない充実した2時間近くのディナーショーでした。
終始、すばらしい音楽を演奏してくれた吉田幸生バンド、OSK現トップコンビ、OSKOGとの共演、今里哲さんの歌、トーク、エンリケ・モラレスさんのタンゴと実に盛りだくさんでした。
開演時には後方に現OSKメンバー、後輩が揃って観劇され、先輩としてもとても嬉しかったのでは、と思いました。
OSKを卒業され色々な舞台を経験され、いつも一生懸命挑まれている様子はその公演から垣間見えます。  フライヤーにある “新たなる挑戦 希望にみちた洋あおいがここに!”の言葉を実感したディナーショーでした。

次なる“挑戦” は3月11日〜13日 大丸心斎橋劇場 作・演出 北林佐和子さんの洋あおいpresents(自主公演) 「七つの顔をもつ龍馬」に期待がふくらみます。