ダンシング・in・ムラコシ結成30周年記念公演
                    
           舞  my ダンシング

      東大和ハミングホール  2010年 10月 10日 (日) 12:30〜   17:00〜
洋さんは2005年新宿コマ劇場 2007年ハミングホール、そして今回 “ダンシング・in・ムラコシ結成30周年”の記念公演に3度目のゲスト出演を果たされました。

一部 “ジャンピングチャイルド” の後 二部 “日本の旋律”(全13景) 三部 “ザ・レビュー”(全23景)のうち13景に登場。  ゲストというより “ダンシング・in・ムラコシ”の一員のようにメンバーに溶け込んでのご出演でした。

 日本の旋律

♪ 荒城の月  
洋さんの袴姿の日舞を初めて拝見しました!  黒紋付に淡い色の袴も清々しく、男役6人とともに、しっとりと想いを込めて踊られました。

♪ 民謡メドレー  歌
黒地にぼたんが染め抜かれた粋な着流しで  ♪ひえつき節  ♪黒田節  ハリのある声が会場に響きます。

♪ 深川マンボ
民謡メドレーの衣装から片袖を抜き 村越奈世さんとテンポよく深川マンボ
キレのよい振りに男役の甘さ、しなやかさが加わり、お二人の粋で楽しげな踊りに目が離せません。

♪ 麦屋節
黒紋付に縞柄の袴、白タスキに菅笠、両手で持った菅笠が哀調を帯びた曲に合わせて上下左右に回されます。
7人の舞手の凛々しい正装姿に、洋さんの持つ笠の流れるような美しい動きに、この作品の清廉さ、格調の高さを感じ、とても印象に残りました。

♪ SHINOBI
長く伸びた黒髪に着流し、腰には刀、ニヒルな素浪人姿の洋さんを初めて拝見しました。
忍者の一団に追われる女を助けようとして取り囲まれる素浪人。 脇差を構える忍者集団との迫力の殺陣シーンは、洋さんの刀さばきひとつひとつがとてもキレイで見ごたえがありました。

三部 ザ・レビュー

♪ フーレイ・フォー・ハリウッド
黄緑色のシャツに袖と後身頃がストライプ模様の黒スーツで客席から登場。
ハリウッド賛歌を歌う洋さんの明るい歌声は、一気にキラキラ輝く華やかな夢の世界に誘ってくれます。

♪ イット・ドント・ミーン・ア・シング
♪ フーレイ・フォー・ハリウッドのシーンから引き続き JAZZの名曲を洋さんがカッコよく歌い、赤いドレスの女たちと陽気に踊ります。

♪ バック・アット・ザ・チキン・シャンク
白のベルト付きのロングコート、同じく白のソフト帽という衣装で、ミドルテンポのノリのよいオルガンの音に乗って踊るシーンは、クールな都会を感じさせます。

♪ マリア
ソンブロレにポンチョ、カラフルな衣装をつけた村の若者たちとマリアとその恋人に真っ白なスーツを着た青年(洋さん)が絡み、ジプシー女が予言したように悲劇が起きます。  心ならずもマリアを刺してしまった青年の驚き、後悔・・・そして静かな悲しみが胸を突きます。

♪ ルンバ・ラプソディ
裏地が鮮やかな赤、刺繍が美しい黒燕尾、同じく対の黒に刺繍のドレス、村越奈世さんとデュエットダンスは、感傷的な曲調に見交わす笑顔がとてもロマンティック、なにやら物語を想像させる素敵な場面でした。

♪ 見果てぬ夢
“♪ゆめ〜”日本語で歌われた“見果てぬ夢”には胸が熱くなりました。 30年もレビューの夢を追い続けたダンシング村越の皆さまと、洋さんの思いが歌詞に込められ、歌声は客席を包み、情熱が伝わってきました。

♪ サロメ
スタジオのメンバーがダンスに洋さんの歌が響き、最後の演目 “サロメ”が華やかに明るく繰り広げられ、 ♪ グランド・フィナーレ  に引き継がれます。

“ゲストの立場を超えて、生徒の皆さんと一心一体で・・・”と洋さんのご挨拶にもありましたが、今回はスタジオの皆さんに溶け込んでのご出演、とても真摯に取り組んでおられ気持ちよく拝見致しました。
又、ダンシングin村越の皆さまのレビューにかける熱い思いが、3時間余りのバラエティに富んだ公演から伝わってきました。

色々な洋さんを拝見できた公演でしたが、衣装の着こなし、しなやかな振り、直ぐにその世界に誘う力・・・やはり、確かに、紛れもなく レビューの “ フェアリー ” でした!