HERE WE ARE 
〜私たちはここにいる〜
            
                    2010年 7月 25日(日) 18:00〜 ビルボードライブ大阪

piano/keybood:山崎幸次  sax/flute:渥美直久  guitar:藤野恒二  bass:喜多健博
drums:吉田一哉  percussion:クツノユキヒデ  chorus:三木香織  duet:平野ミノル
presents:リピート山中
★ 一部

ビルボードライブ大阪は中央のフロアと舞台を三方の階段状の客席が囲むライブの醍醐味と、
高い天井が劇場のような開放感を合わせ持つ素敵な空間でした。  
その舞台上には開演を待つ、シンセ・ピアノ・ボーカル椅子・ベース・ドラム・パーカッション・ギター・サックス・・・とまさに壮観。
次第に埋まってくる客席のざわめき・・・やがて照明が落ち開始直前の気分はザワザワと
高鳴ってきます!
会場いっぱいに響く演奏、上手客席の間から指でビートを刻み、
満面笑顔でノリノリの洋さん、未央さんが舞台に、拍手と歓声に包まれた熱いライブのスタートでした。

♪ HERE WE ARE (2人)
   
      HERE WE ARE 流される川に
      HERE WE ARE 流されないで

      私たちはここにいる

      あー太陽を抱きしめて朝がくる
      その先に明日がある

      歩くだけを信じた道を

♪  サティス・ファクション (2人)
♪  月のあかり (2人)

白地に黒の模様の夏らしいパンツスーツ、黒のインナーに白のスカーフ 
かなり高いヒールのグラディエーターサンダル、それぞれニュアンスを違えての着こなしで、
このライブのテーマ曲 “HERE WE ARE”からエキサイティングに、カッコよく、
まるでロックコンサートのようなオープニングでした!


♪ 時空 シアターブラバ「時空」CDより (洋さん)
♪ 溜め池の底  「河内の國の溜め池の底」より (2人)
♪ モンキーのテーマ  「銀色の靴の踵を鳴らして」より (未央さん)

洋さんと未央さんが「時空」公演で初めて出会い、このライブに至った話に大いに沸きました。 「時空」公演は汀夏子さん洋さんの初ジョイント公演。
未央さんは“汀さん”のものまねで語り、“汀さん”のものまねで応じる洋さん。
かなり似ている“ふたり汀さん”に会場は大爆笑でした。
「時空」公演後、再び共演した浪花人情紙風船団ペーパーバルーン公演を思い出す歌を2曲。


♪ 我が愛は山の彼方に
 (未央さん)
♪ 闇の貴公子 (洋さん)

お二人のそれぞれ思い入れのある歌を。
未央さん退団時の演目 「我が愛は山の彼方に」からタイトル曲を、思いを込めた台詞入りでドラマティックに歌い上げられました。
洋さんは観客動員が一番多かったという大阪(近鉄劇場)、名古屋、東京で公演された 「闇の貴公子」からテーマ曲を。
博雅の 「晴明 おるかな?」と言う台詞から、月明かりの中、一条戻り橋で茨姫に初めて出会い恋に落ちる場面を思い出させる熱唱でした。


♪ イパネマの娘 (バンド&三木香織)

 未央さんのコーナー 

♪ 愛の幕切れ
♪ アンフォーゲッタブル
♪ 愛はるかに


黒のイブニングドレスにオーガンジーのショールを手に大人の恋をシャンソンとジャズで演じる3曲、すてきにお似合いでした。 アンフォーゲッタブルでは平野ミノルさんとデュエット、そしてなんとも甘いムードでステップを踏まれました。


 洋さんのコーナー 

♪ Fever
♪ Mr.Bojangles
♪ 愛の奇跡


洋さんは白いシャツに紫色のスーツの衣装、ペギー・リーで有名なジャズを男役風にセクシーでカッコよく。 留置場で会った落ちぶれたダンサー “ミスターボージャングル”。  ?み過ぎて、歳もとってボロボロだけど踊ったら今でも凄い! 歌の説明も温かく、上衣を取って白カッターにダービー帽を手にしたシャープな振りはサミーの雰囲気!
♪〜Mr.Bojangles からのダンスが、抜群のきれを見せ、シンプルな衣装が映えて、印象に残りました。
“愛の奇跡”は藤澤ノリマサさんのオリジナル曲、ドラマティックなバラードは洋さんの魅力の1つ、聞かせました。

 二部
♪ 君に逢いたい (2人) カルメン、ハバネラから
♪ コンスタントレイン

黒総スパンに深いスリットの入ったロングドレスの洋さん、タキシードの未央さん、動きを止めてポーズをとった場面は公演のフライヤーから抜け出したよう!  ハバネラのメロディに情熱的な歌詞が絡み交互に歌われる2人、まるでミュージカルの場面のようでした。
ボサノバの軽快な演奏に2人のダンス。 洋さんのセクシーな振りにドキドキ、洋さんのドレス姿は艶やかさの中に凛とした美しさがあり、雰囲気を感じます。

さくらと一郎
♪ 幼なじみ (2人)
♪ エリザベート (未央さん) 
♪ 私だけに (誰の言うこともきかへん) (洋さん)
♪ 赤トンボ (2人)
♪ 月の砂漠 (2人)
♪ 僕らは皆生きている (未央さん)
ひざ丈の浴衣に虫かご、短髪には10円ハゲ、下駄を履いた男の子は未央さん。  同じくひざ丈の浴衣に水筒を下げ、肩までのおさげ髪、下駄を履いた女の子は洋さん。
純朴な一郎君の問いにおませに答えるさくらちゃんには笑わせられます。 次第に事態は逆転、何気に迫ってくる一郎君にさくらちゃんは敬遠気味。  アウト寸前に携帯が鳴り?さくらちゃんのゲーム放棄で終了。 ミュージカル、童謡から歌を挟んでの爆笑コーナーでした。 未央さんの舞台降りで “僕らは皆生きている”を皆で合唱

♪ エル・クンバンチェロ (洋さん)
♪ キエンセラ (2人)
♪ すみれの咲く頃&桜咲く国 (2人)

青色のブラウス、黒のズボン、青と白のラテンの上衣、洋さんお得意の“エル・クンバンチェロ”は最高です。
エネルギッシュで熱く、セクシーさも心地よく、突き抜けた開放感は洋さんならではのラテンフェスタ!
赤のブラウスにラテンの上衣の未央さんと2人で“キエンセラ”を軽くステップを踏みながら、リピートさんのアレンジで“すみれの咲く頃&桜咲く国”をラテン風にコラボ、盛り上がりました。



バンド紹介
アットホームなバンド紹介は毎回楽しみの1つ、今回は夫々客席にいらっしゃる “さくらと一郎”を書かれた紅萬子さん、音楽のリピート山中さん、振り付けの愛元麻樹さんの紹介もありました。



 HERE WE ARE (2人)
最後の歌はこのライブのためリピート山中さんが作曲したHERE WE ARE を再びボレロ風にアレンジで。

アンコール
♪ 夢の中にあなたがいる (2人)
♪ スィングしなきゃ意味がない (2人)
歌劇の大先輩 越路吹雪さんで有名なシャンソン。 アコースティックに、語るように “夢の中にあなたがいる”を歌われました。
最後はジャズのメッカらしく、“スィングしなきゃ意味がない” ジャズコンサートさながらにノリノリで舞台と客席が1つになり真夏の夜のライブは終了しました。


オリジナルにロック、ジャズ、シャンソン、歌劇、童謡まで盛りだくさんでホットなライブにHERE WE ARE の心意気を感じました。
毎回進化し続ける洋さんに感動! 
11月29日のリッツカールトンホテルのディナーショーが益々楽しみになってきました。