AIMOTO MAKI  J&A  DANCE STUDIO 

            2009  SUMMER LIVE

                      2009.8.22(土) 15:00〜  18:00〜  クオレ大阪東

残暑厳しい夏休みも終わりに近い頃、洋さんはJ&A DANCE STUDIO公演に 2002年夏以来2度目の SPECIAL GUEST として出演されました。

リズム感の良い子供達に感心しました!
トレンドの音楽に乗って舞台や客席の通路でも元気いっぱい一人一人が主役でした。
音楽で舞台を創っていく様子に、企画・構成・演出の愛元麻樹さんのプログラムのご挨拶の言葉
「先輩達が励まし支え、互いに信頼と友情の絆を深めながら今日のこの日を目指し・・・・」が実現されました。  スタジオ全体の明るさ、兄弟姉妹のような縦の絆が感じられ楽しい公演でした。

洋さんはプログラムの中ほどのゲストコーナーで登場でした。
♪あこがれ  を歌う LOVEちゃんの後方に “憧れのスター洋さん”がスポットに浮かぶ、
「時空」公演を思わせる場面」からショートストーリーが始まりました。
「洋さんと共演する人」のオーディションに集まった LOVEちゃんと4人の少女たちに
演出家の声(洋さん)が自己紹介を要求。  
そこに登場したアシスタントのスマイリーオハラ庄助さん(洋さん)は業界人風 ??
駄洒落と強烈な濃いキャラでその場をとりしきり、笑いを誘います。  
洋さんと共演するには“とっさの判断、つまりアドリブ力”が必要と応募者のアドリブ力をチェックするため?と会場をまきこんで借り物競争に挑戦。  おかしなオーディションに会場は盛り上がりました。
コーラスラインのパロディなのですが、J&Aメンバーの喜劇挑戦でした。

EXILE の ♪道 はLOVEちゃんのリクエスト 洋さんは歌とHIPHOPのステップをメンバー達とカッコよく決めてくれました。
LOVEちゃんと洋さんのトークから ♪You are the top の歌に「洋さんは憧れの人」 「LOVEちゃんこそ沢山の公演ナンバーを振り付けする凄い才能」 とお互いに褒めあう軽快なナンバー。
お二人の息がピッタリでとても愉快な場面でした。

洋さんのダンスの凄いところは一瞬で観客をその世界に誘うこと。
スポットライトに浮かぶ黒燕尾の洋さん、ピアソラの響きに、直前の和やかな雰囲気から一転して緊張感に満ちた ♪タンゴ
歌はオリジナルの2曲
♪時空を超えて   1昨年の「時空」公演の舞台を思い出します。
♪未来へ  は会場に一人一人に思いを届けるかのように、凄い迫力で隅々まで響いていました。

そしてフィナーレでは、LOVEちゃんはじめ生徒さん全員に迎えられ、上下白の爽やかなスーツで嵐の ♪感激カンゲキ雨嵐  を歌われ、続いて  EXILEの ♪Someday を歌われ、大盛況の中、幕はおりました。

演出・振り付けも担当しているLOVEちゃんは03年12月東京プディストホール、05年1月大阪テイジンホールの「ダイアリー」公演で共演したBoyzのメンバーの一人。
憧れの洋さん(それは叔父?叔母?)のダンス、歌の再びの共演は微笑ましくも、楽しい舞台でした。