浪花人情紙風船団ペーパーバルーン公演  SHOOT.3
  
CABARET    〜極楽行キャバレーへようこそ〜 

ワッハホール   2009年 5月28日(木) 29日(金) 30日(土) 31日(日) 全7公演       

昨年の「河内の國の溜め池の底」(作・脚本 北林佐和子 演出 三浪郁二)好評に続く、ケッサク音楽ファンタジー第2弾。
直前の4月17日〜19日極楽歌劇団、精華小劇場公演 「蝶子と吉治郎の家」(作・演出 北林佐和子)の大盛況もあり、同じ北林佐和子さんの作・脚本の舞台に一段と期待が膨らみました。期待どおり、いやそれ以上に面白く “立ち見”が出るほどで、怖い話ながらとても楽しい舞台でした。

ホームレスが徘徊し、子鬼たちが遊ぶ異界との狭間のような場所に迷い込んだ男。
その男に近づき 「極楽キャバレーへようこそ」 と誘いかけるミステリアスな女
ラ・セッツ(洋あおい)・・・
躊躇する男に、女は羽織っていたコート、スカーフ、サングラスをいきなり取り、たちまちゴージャスなドレス姿に、そしてそこは現実世界の異界 “キャバレー”
灰色の世界から “極楽キャバレー” のスターが歌い踊る輝きと極彩色の世界へ、鮮やかな展開に思わず拍手喝采の幕開きでした。

“極楽キャバレー” の本格的レビューや歌、漫才そしてホステスのエマ(紅萬子さん)の親身なもてなしにくつろぐ客たち。  その中に ラ・セッツに誘われた暗い顔の鈴木(田村ツトムさん)もいる。
♪ 鏡の子守唄 ♪を歌うダンサー レッド(沙月梨乃さん)に鈴木が思わず立ち上がる。 
他の客も「似ている・・・」と同じように動揺を見せる。 次第に透けてみえてくる客たちの本当の姿、客とレッドによく似たという女との関係。
追い詰められた逃亡犯 鈴木の行動により、いっきに緊張が増しエマによって明かされる真実。
前半終了に向かって、張り巡らされた伏線が次第に形を成してくるワクワクするような痛快な瞬間でした。
後半は閻魔によって、浄玻璃の鏡に映ったキャバレーの客たちの真実が明かされ、そして裁きが・・・

深いスリットのはいったラメのロングドレスで、 ♪ ザ・ヘブンズキャバレー ♪ を歌い踊るトップスター ラ・セッツの洋あおいさん、その妖艶でチャーミング、そして艶やかさ、ダンスの決まり方、もうクギ付けでした。
健気な夕子(沙月梨乃さん)に泣き虫とからかわれる詰襟の中学生鈴木おさむ君 
♪ 青春の恋 ♪ を歌う二人はちょっとおませな少女と気のやさしい男の子、なにやらとても似合ってました。
なんとか極楽キャバレーに潜入した刑事 大久保すみれ(未央一さん)と ラ・セッツの問答はまるでコント。達者なお二人でした。
今回洋さんは、衣装も役柄もたくさんこなされ、今まで色々な役にチャレンジしてきた成果が花開いたような目の離せない楽しい舞台でした。

浄玻璃の鏡によって客たちの本当の姿、欲望の繋がりが明らかになり、裁かれる不実な人、自己中心で冷酷な人、金の亡者たち、まさに今の世の中を映しているようでベテラン俳優の渋い演技に説得力がありました。
世の中の荒波に翻弄された夕子の真実を知った角さん(楠年明さん) の後悔、そして娘を思う親心と、切ない夕子に涙しました。
地獄の主 “閻魔の裁き” はとても怖い罰なのですが、鬼の安達ヶ原(青野敏行さん) が講釈するとその軽薄そうな芸風がうまく中和してくれます。 閻魔は悪行を改め、徳を積むことを進言しますが、鬼とは地蔵菩薩と同一とも化身とも言われているそうで、見方を変えれば、人間を救う存在なのかもしれません。
閻魔の裁きの前に歌われる作曲者本人が歌う “鬼の唄” も含め、リピート山中さんの音楽もそれぞれ魅力的でした。
大谷盛雄氏のカッコいい振り付けがありました。 後半の幕開き クールな都会の闇のテーマも “ザ・ヘブンズキャバレー” と共にまた観たいと思わせる魅力的なものでした。

重いテーマもコントを所々にはさんで、“浪花人情紙風船団” の味付けという感じでした。
最後、極楽キャバレーも移転リニューアルの話が出てどこに引っ越すのかエマと安達ヶ原とラ・セッツが言い合うのですが、幕が開いてまさに「やられた!」と苦笑いでした。
そしてそのエンディングに、またもやクギ付けでした。


公演のDVD近々出るようで、待たれます。