汀夏子ハートフルディナーショー
〜元宝塚トップスターと元OSKトップスターの競演〜
       2008年12月 4日(木) ホテルモントレ大阪 7Fアマリエ

洋さんは東京會舘のディナーショーに引き続き、ホテルモントレ大阪で「汀夏子ハートフルディナーショー」にゲスト出演しました。
昨年の「時空」公演の感動も新たに大勢のお客様の中、歌にトークに賑やかに華やかに盛り上がりました。

バンド演奏の後、聴こえてきたのは  ♪ TAKE5 ♪のメロディ。
舞台の中央から先に登場した洋さん、汀さんを迎えて、おなじみのリズムにのってシャープにカッコよく決め最後のポーズに拍手喝采でした。

ソフト帽をかぶり直した汀さんの ♪ It ain't necessarily so ♪
アンニュイな歌詞とダンディな振りに、思わずストーリーを想像してしまいます。

スポットライトに浮かぶベージュ色の衣装の洋さん、しっとりと ♪ 哀愁のカサブランカ ♪    “ ♪ Please Come Back To Me あんなに誰かを愛せな〜い”  ソフトで伸びやかな歌声が何時までも心に残ります。

ここで洋さんのウエルカムトーク。  軽く自己紹介、そして汀さんのディナーショーゲスト出演に至った事情を話されたのですが、爆笑でした。  笑いを誘う絶妙な “間” はさすがです。
OSK80周年記念公演 「Dance For Tomorrow」 の爆笑トークを思い出しました。

洋さんのオリジナル曲 ♪ 未来へ ♪ ♪“Making of MY LIFE 自分を信じることから始めよう”  と歌い始まる、夢に向かって頑張っている人への応援歌。  舞台を降り客席と触れ合いながら歌われました。

汀さんの(大劇場公演の時) 2階への目線を見るたびに“見て下さってる、どの席に座っても自分を知ってくれている”と思っていたそうです。 その時の熱い思いを胸に  ♪ 夢人 ♪ 一番を洋さんが、再び登場した汀さんが二番を歌われました。

「時空」公演の感動そのままに、お二人のコーナーを再現してくれました。  お互いの歌劇団のこと等、トークも相変わらず楽しく、汀さんの当意即妙な反応には大いに沸きました。
大好きな曲と言って汀さんが歌って下さったのは、 ♪ 闇の貴公子 ♪ 。 闇の世界から都を守る陰陽師のなぞめいた妖しさが伝わってきます。  光と闇、人の心の深淵・・・妖しくもミステリアスな・・・こんなお二人の舞台も観たいものです。
洋さんが憧れの玉勇さんと会う約束をした総司の心ときめきそのままに
♪ 星が近くに見える ♪  「こまるなぁ」 「なにがどす?」 汀さんの沖田総司さんと、洋さんんの玉勇さんの掛け合いが、なんとも無邪気でほほえましい。 ♪ あなたの方が幸せ ♪
お二人のコーナー最後は ♪ あなたに ♪ どんな場面で歌われたのか、とても愛らしい曲を 「時空」 の時よりPOPでハッピーな感じで。

汀さんの ♪ アマール・アマール ♪ “ ♪ ライ・ライ・ライライ・・・” この繰り返される短いフレーズに色々な思いがこもっていて聴かせます。
二曲目の ♪ 最後の恋 ♪ とても情熱的に歌い上げられました。

バンド演奏の後、
♪ So In Love ♪ のダンス。 きらきらと輝く黒燕尾の衣装で「時空」公演の時のように、さっそうと男役のカッコよさをビシッと決められました。
♪ 見果てぬ夢 ♪  “♪人は何ゆえ見果てぬ夢をみる〜” 掛け合いで歌われたこの歌、お二人の思いが
天馬のように駆け上っていくようで胸に迫ってきました。
お二人の代名詞のような ♪ 幸せを売る男 ♪ 会場を回って、笑顔と幸せを振りまいてくだしました。

アンコールは汀さんの ♪ マイウェイ ♪ “♪〜私は私の道を行く・・・” 熱く、力強い歌声に心動かされました。 「時空」公演の最後の歌 ♪ My Song ♪ を思い出します。

アンコールの後も名残惜しく、楽しいトークが続きました。 ♪ So In Love ♪と ♪ TAKE5 ♪ を「燕尾着てるし・・・私の口三味線で・・・」 と洋さんのカウントで再び踊る、うれしいサプライズもありました。

OSKのトップ男役 桜花昇ぼるさん、美砂まりさん、又「時空」で共演した沙月梨乃さん、未央一さん、OSKのOGの方々、宝塚のOGの鳩笛真希さん、千城恵さん、漫才の宮川さゆみさんと会場も一段と華やかで、賑やかに盛り上がった至福の時間でした。