浪花人情紙風船団  第8回公演
蝶 子
 (原作 織田作之助「夫婦善哉」より)
2008年11月21日(木)〜24日(日)   ワッハホール

今回で6度目の出演になる浪花人情紙風船団の出し物は織田作之助の“夫婦善哉”から「蝶子」。
大正から昭和初期の大阪ミナミを舞台に“蝶子と柳吉”に蝶子の家族や近所の人々、様々な浪花の人情が重なり時代色豊かに描かれていた。
洋さん役はかつて蝶子と一緒に働いていた新地の元芸者“金八”。老舗旅館の若女将“貴代”(第6回ええお湯だっせ)の役とはまた違い、一段と艶やかで粋な雰囲気はさすが元芸者のおもむきだった。

駆け落ちした新地の芸者“蝶子” (紅萬子さん)と女房も子供もいる化粧品問屋の若旦那柳吉 (曾我廼家八十吉さん)は折箱屋の二階に新所帯を持つ。蝶子は勘当された柳吉を一人前の男とし出世させようと必死に働きお金を貯めるが、柳吉はその貯金を遊興にあっという間に散財してしまう。なんとか開店した関東煮の店は評判が上々であったが、あきっぽい柳吉はじきに酒を飲むばかりで倒れて入院してしまう始末。店を閉じ、看病や病院の費用のため必死の思いで金策に走る蝶子に母親辰(千草英子さん)の危篤の連絡が・・・。その後、ばったり会った金八(洋あおい)の援助でサロン「蝶柳」を、開店することになり蝶子の才覚もあり店も繁盛しはじめる。柳吉の父親の危篤知らせに、蝶子は夫婦として認めてもらいたい一心で柳吉に思いを託すが解かってもらえず衝動的にガス自殺未遂を起こしてしまう。

「親が大事か、わいが大事か!」柳吉の怒声に危篤の母の元に駆けつけることもできず、悲しみをぶるける場所を失って子供のように声を上げて泣く蝶子に胸が衝かれた。バックに流れるショパンのピアノの曲にいっそう哀しさが伝わってくる。
柳吉は、父親に勘当されるものの、じきに勘当が解けてお金が自由になると見通しも認識も甘く、仕事もせずに蝶子を頼るばかりで甲斐性がない。何か始めても直にあきて中々腰が据わらない。身代が妹婿に移り、たよりの父親を亡くしてようやく蝶子を向かい合えたように思った。

毛皮のショールをまとい高価な貴金属を付けた金八は、今では鉱山師の妻になり申し分のない出世ぶりである。蝶子に「いくらでも助けたい。私には係累もないし・・・。」と援助を約束する金八に一抹の寂しさを感じる。人は誰かのために一生懸命になり、頼られるからこそ文句を言いながらも頑張れるものなのか。

蝶子の父親“種吉”(楠年明さん)は気が善く、母親“辰”はしっかり者で一銭天麩羅屋を営むが何時も借金取りに追われ貧乏である。それでも辰は、亡くなった時にまとまった貯金を残し、父は蝶子の弟信一を三高にまで入れる。貧乏ながらコツコツと働く庶民の強さを感じる。
狂言回しのように蝶子と柳吉に絡む折箱屋の夫婦(青野敏行さん・未央一さん)。辰の葬式に参列した気のいい長屋の住人たちも同じである。
その長屋から原作にはない信一(田村ツトムさん)が登場。信一は織田作之助自身である。
河童長屋から三高に入り、文士になり知識階級の昇ったと言えるかもしれない。信一はカフェーで働く和枝(沙月梨乃さん)を連れ出し東京へ向かい、やがて作家として有名になるが、胸を病み、薬を常用し早世してしまう。舞台の最後に大分で仲良く暮らす蝶子と柳吉が白髪頭になって登場する。相変わらずの“おもろい夫婦”ぶりにその対比がなんとも鮮烈で庶民のしたたかな強さを感じた。

多くの人が行き交う“夫婦善哉”近くの通り、蝶子と柳吉を見つけた鮮やかな着物の金八が、彼らの後姿に “おきばりやす” とにこやかに優雅に見送る様子が、蝶子と柳吉だけではなく、行き交う人々や客席の私たちへの作者からの贈り物のように感じた。

次回のペーパーバルーン公演は5月28日(木)〜31日。
去年の「河内の國のため池の底」と同じく“北林佐和子さん”の作で    
ケッサク音楽ファンタジー 「CABALET キャバレー」

      〜極楽行きキャバレーへようこそ〜     とあった。
人間界と地獄界?なにやら、楽しそうな趣向とキャバレーの本格的なショーが観られそうである。