ダンディズム 
                      
時空
   
                Dandyism
2007年10月20日(土)〜10月21日(日) シアターBRAVA!

  〜オープニング〜
シャ幕がゆっくり透けて見え、深い森をイメージしたジョーゼットカーテンが折り重なるように浮かび上がり、一人の夢人(沙月梨乃さん)が夢の世界に誘うように踊ります。
更に、夢人達が増え大空を舞うように華やかに踊ります。
夢先案内人・未央一さんが唄います。

めぐりめぐって今この時に ふたたび目覚めた熱い思い
   だれもがずっと待ちこがれてた この瞬間の胸の高なり
          未来を照らす〜 


   ジョーゼットカーテンがゆっくりと上がると、夢の宮殿のようなセットが
   現れ階段上に洋さん、汀さんの登場です。
   テーマ曲の1つ 永遠の輝き が情熱的に歌い継がれます。
   これから始まる夢の世界に胸が高なる瞬間です。

  ♪ 〜 伝えたい 君に この喜び
      伝えよう 君に あふれる思いを〜
 


  二曲目のテーマソングは 
時空を越えて 熱く、あふれる思いを
  高らかに解き放ちます。大きな拍手の中、艶やかに登場した汀さん、
  洋さん、メンバー揃って華やかなオープニングです。

オープニングの興奮冷めやらぬ中、沸き立つラテンのリズムが一気に会場の空気を熱くします。
キス・ミー・クイック  ブルーの衣装の洋さんの歌に男役たちが
加わり、陽気に客席にせまります。洋さん独特の甘さに、ちょっと
“ハニカミ”を含んだスマイルはセクシーで浮気なラテンの“ノリ”に
ピッタリでとても魅力的でした。

階段を降りながらの汀さんの 
アイカランバ 
早いテンポで踊りながら、パッとマイクを取って息も切らさず
ハイテンションで歌うのが“アイカランバ”の醍醐味の1つであるが、
汀さんのアイカランバはエネルギー全開の迫力でした。 
元OSKのメンバーとのからみも熱く、早くも“BRAVA!”は輝く赤い衣装のように燃えあがりました。


夢先案内人の未央さんがラテンの熱を静めるかのように 夢人♪ を甘くソフトに歌いシャンソンの世界に案内してくれます。


 ♪サ・セ・パリ♪ 有希 晃さんたちOSKの
  メンバーが歌い踊ります。
  白の衣装にシルクハット、粋で洒落た趣きの
  汀さんの
モン・パリ


   洋さんは
 パリの屋根の下 をしっとりと
   包み込むようなやさしさで歌ってくれました。



   沙月さんの歌う
 ♪ラ・メール♪ に洋さんと毬紗さんの
   幸せなデュエットダンス。

    ♪ムーランルージュ   パリカナイユ 再び賑やかに
   OSKによる歌とダンス

   未央さんと、OSKノメンバーが舞台をおりて、なごやかなトークと 
   ♪幸せを売る男 の歌で客席と声を合わせました。


  〜ピアノ&トーク〜
   ♪あなたに  の1番を洋さん、2番を汀さんが歌いながら階段から
   登場。 佐野多由子さんのピアノで歌を、そしてふたりのトーク。
   かなりおかしい汀さんと洋さん、このまま歌劇をネタに漫才が
   できるのでは、とまじめに思ってしまいました。

   ♪嵐を呼ぶ男 と洋さんのシングシングシング のセッション。
   ピアノの佐野さんのアレンジでステキに聴かせます。嵐を呼ぶ男は
   セリフとボクシングの振り入りで最後のラウンド、洋さんの顎にしっかり
   と汀さんのパンチが入っていました。
   お互いの歌をとりかえ、汀さんが 
闇の貴公子これは聞き物でした
   その歌う迫力はまさに“凄く強くて敵なしの安部晴明”という感じでした。 


洋さんが歌った 
星が近くに見える  は汀さんの当たり役“沖田総司”。
恋のときめきにとまどいながらも胸を熱くする初々しいばかりの“総司”が
じっくり伝わってきます.
この曲は洋さんがOSK時代、悲しいとき、嬉しいとき、星を見上げて
よく歌っていた歌だそうです。

お二人のセリフ入りのデュエットで聴かせた 
あなたの方が幸せ
芸者玉勇と総司のつかの間の幸せシーンで歌われたのでしょうか、ほのぼのした温かさの中にどこか切なさを感じさせます。
夢にまでみた汀さんの相手役 “玉勇さん”を演じ、とても幸せそうな洋さんでした。
愛あればこそ  はもちろんベルばらから。 2曲とも直前の爆笑場面にも
 かかわらず、一瞬のうちにその世界に誘う力量はさすがと感心しました。

  〜メモリー〜
センセーション 未央さん。 I GOT REVUE  OSKメンバー。
それぞれレビューの曲で発表された時期も違うのですが、宝塚とOSKの微妙な違いを
感じるのも面白いものでした。


  洋さんの主演した “ASUKAの嵐” から仏法を広める使命に目覚めた
  聖徳太子の高貴な雰囲気そのままに 
 、そして “エル・アモー
  ル・グランデ” から
光と影のソレア  大きな愛のため命をも
  かけて戦った闘牛士アルフォンソ。 その生きざまを思わせ、堂々と
  ゆるぎなく、声量豊かに歌いあげます。


  汀さんは“星影の人”から 
生きるときめき  そして、丘の上の
  ジョニー
 それぞれの舞台の挿入歌なのですが、その歌詞、
  その歌唱から舞台を観ていなくても場面が思い浮かびます。 
  “
〜生きるときめきを〜” と心に誓う瑞々しい“総司”から一瞬で
               全く違う“ジョニー”に。 純な心をもちながら、素直に気持ちを言葉に
               できない少年から青年にかけての屈折した
               ジョニーがみえました。
     
  OSKの 
WE LOVE REVUE  宝塚の ザ・レビューと華々しい
  レビューソング競演で1部終了です。


  〜絆〜
あこがれ
二幕目は短い芝居が演じられます。売り出し中の音楽グループ、汀さん演じるリーダーは
自分が悪者になってまで弟分の洋さんを引き立てます。洋さんは彼の深い思いを知り
「いつかあなたと一緒に舞台にたてるよう!」と将来の夢への精進を心に誓い、そして、
憧憬〜あこがれ が歌われます。
この曲はリピート山中さんが、洋さんの熱い思いを込めて作って下さいました。

  〜Forever あなたはわたしの夢照らす 沈まぬ太陽
     
Forever 夢は終わらない あなたがそこにいる限り 


このフレーズが繰り返され、汀さんへの熱い思いがじっくり伝わってきます。


〜ダンディズム〜
It ain't necessarily so 汀さんが歌います。 おいらの人生 どうせしれたもの〜 
とちょっと悪ぶったカッコイイ曲でした。

その後はOSK怒涛のダンスシーンです。男役ずらりと揃ってスーツの上に羽織ったミスマッチな着物が印象的な 
007  洋さんのソロで始まる  TAKE5
最初のソロ場面、客席に背をむけての後姿のダンスは一段と切れがよく、
シャープさスリムさにストライプのスーツが映え、目深な帽子と相まって、
とにかくカッコいい。


娘役4人の Madness  振りとその目線、醸し出される雰囲気はさすが大人です。そのまま舞台上で衣装が取られ、 タンゲーラ 洋さんと沙月さんの“待ってました!”のタンゴ。 
3組が加わり、クッと顎を上げた女は男と同等の情熱で向き合う、緊張感と妖しさ、くぎづけでした。


SO IN LOVE  は黒燕尾による全員揃ってのタンゴ。
手の先、表情、リズムを打つ踵の音、次第に高まっていく緊張感。
振り付けの大谷盛雄先生の、これぞ男役の美学!を全員が見事に踊り、魅せつけてくれました。



 〜メッセージ〜
汀さん洋さんの「〜ダンディズム〜」への思いが、大咲せり花さんの澄んだスキャットのうちに語られます。おふたりの“歩み”が“努力”がしみじみ感じられます。


(洋さん)  
 時の過ぎるのは早いもの 
      このめぐり逢いは私の明日への希望となるでしょう    
      切なくやるせない時 私にはいつも舞台が助け 光を与えてくれました
      その光は空に舞い七色に輝き 未来への道を示してくれました
      そして友がどんな時でも 一人ではない事を教えてくれたのです
      今日お越し下さいました皆様 本当にありがとうございます
      私はこれからも愛に生き 夢を求め自分の信じる道を歩き続けて参ります


(汀さん)    
今日の喜びが時を越えた新しい旅のはじまりです
      人との出会いが このような現実の夢になることを 再び知ることができました
      今すべての皆様に 感謝の気持ちでいっぱいです
      ありがとうございました
      私たちは こらからも愛と夢をおくり続けたいと願っております

(洋さん)   
My  ソング ! My ダンス ! それは私のダンディズム !

(汀さん)   
My  ライフ !  それこそ 私のダンディズム !!

My song  ラベンダー色の衣装とストールの汀さんが、人生を、又こらからの決心を語るように 力強く歌いあげました。


 〜フィナーレ〜
汀さん洋さんは黒の衣装に真っ白な羽を背中に、テーマソングの
 ♪永遠の輝き 時空を越えてを高らかに歌い継ぎ、大きな感動を残して幕が下りました。

「時空」実現のきっかけは、洋さんと「星影の人」の汀さんとの出会い。
汀さんが発した感動は、時間・空間を越えて多くの人を巻き込み、今度は二人のコラボレーションとして私たちの感動に繋がってきました。

とても個性的なお二人でした。「すごい!」この一言の汀さん。迫力の歌と表現の豊かさ、確かさ、情熱がじんじん伝わってきます。
そして歌劇の大先輩に胸を借りた洋さん。まさに「しなやか!」という言葉がぴったりでした。スリムな立ち姿に抜群のキレとノリを見せるダンス、伸びやかでクリアの声、ジョイントは更にお二人の個性を際立たせ舞台に一段と幅を持たせました。

OSKの躍動感のあるダンス、夢先案内人・未央一さんのトーク、佐野多由子さんのピアノ演奏で更に厚みも増し、OSKと宝塚の良さ、キャスト、スタッフの情熱を感じる大きな舞台になりました。

CDで「時空を越えて」「永遠の輝き」「憧れ」そしてダイアリーのテーマ曲「未来へ」を聴いては、この舞台と再び出会うことを切に願っております。