刑事ボロンボRETURNS
殺しのカルテ
2006年 10月15日(土) 16日(日)
13:45〜 16:15〜 18:45〜 13:45〜 16:15〜

カーテンコールで コートと白衣の裾を翻し、ずらりと並んだ男性3人!? コミカルな存在の刑事ボロンボ、声も体も大きく、いかにも悪役のエド。その中にあって、洋あおいさんが男役で演じた凄腕外科医ハリーは、男優2人との絡みも全く違和感なく、かえって歌劇男役のきれいさにリアルさを加え、ハリーの個性と悲劇をあざやかに浮き立たせてくれました。

15年間胸に秘めた、婚約者エミリーを殺した犯人への復讐と、助けることができなかった自分の弱さの罪の意識は、慌ただしい救急車のサイレンで破られます。犯人である重傷患者を前に医師の倫理と殺意に揺れ動くハリー。そのハリーの心の闇に強引に付け込み完全犯罪を示唆し実行するエドに、強い恐れが殺意になり、ついに事件が起こります。

コミカルに登場した刑事ボロンボは、事件の状況やハリーの行動を探りジリジリと事件の核心に迫っていきます。ついにボロンボは確たる証拠をハリーにつきつけます。重ねて「あなたは自分の罪から逃れる為にエドを殺した!」 “殺しのカルテ”は“復讐の完全犯罪のカルテ”ではなく、ボロンボによる“ハリー自身のカルテ”であった。

終幕「エミリーはもう許してくれていますよ」ボロンボの言葉に促されて、囚われの場所に向かうハリーに、黒色だった花嫁のベールはまっ白に変わりエミリーの影が近づき寄り添います。遠くを見つめるハリーのかすかな微笑みは、心の平安を得たことを感じさせホッと安堵させてくれました。

 冒頭の凄腕外科医を思わせる手術場面のリアルさ。エドとハリーの怒りに満ちた迫力ある殴りあい。虚飾が取り払われたハリーの心の叫び。洋さんは「押し出しの良い・・・熱演型の・・・」と以前からマスコミからも評価されていましたが、今回久しぶりの本格的な男役として熱い舞台を見せてくれました。
シリアスな場面を繋ぐコミカルな場面とミュージカルの楽しさを充分に詰め込み45分間とは思えない濃密なサスペンスミュージカルでした。そして最後の台詞、長い沈黙の後、ハリーからボロンボ刑事の「カミさん」の診察結果が告げられます。患者の心配を気遣う的確で真摯な説明に「あなたは名医だ!」敬意を表すボロンボに、上記のエミリーの場面が繋がります。何気ないようなこの台詞、ハリーの人となりが凝縮されていて、哀しさを超えて心洗われるような「闇の貴公子」の時に感じた北林佐和子作品の冴えと深さに再び会えた思いでした。

カーテンコールは、3人の男性のカッコいいダンスに、新しく洋さんのソロダンスがプラスされていました。アンコールの急患?の駄じゃれと電気ショックのアドリブは一段と弾けて、ゑびす座は大いに沸きました。