センセとおしえご

2003年5月29日〜31日 ワッハホール
 5月29〜31日難波のワッハホールで「浪花人情紙風船団」の「センセとおしえご」の公演がありました。
洋さんの女優デビューにふさわしいとても温かい舞台でした。ミュージカルスターを夢見る「岡崎えみこ」という等身大の役どころ心に沢山の荷物を背負った“えみこ”を明るく特に激しく演じられ紅さん演じるおしえご師匠にくってかかる迫真の演技には、客席も緊張涙さそう場面でした。最後にはおしえご師匠と”えみこ”の底抜けに明るい漫才で幕。共演のTV、舞台で活躍されているベテラン俳優さん方とも堂々と渡り合いなお物語のキーマンとしてかがやいていました。又オープニングの黒エンビでの「ショーほど素敵なショー売はない」の歌と踊り又場面ごとのカッコよくあるいはキュートに決めた衣装、歌劇の男役から女優へ違和感なく受け入れられた様です。神戸人である作者の菱田信也氏のプログラム上の言葉「・・・通天閣に上って町を見下ろした時生まれて初めて泣いた眼下に広がる大阪平野には確かに人が住みあちこちで笑いながら紙風船が飛んでいた・・・中略・・・羨ましさと妬ましさ「浪花人情紙風船」にはそいつをすべて込めてある。」の通り芝居の中に漫才をちりばめおもしろくおかしくそして切ない観た人がやさしくなれる舞台でした。千秋楽は整理券を求め長い列ができ補助席も加わり大変好評のうちに公演は終了しました。